<< アンパンマン | main | 濁河温泉・下呂温泉ツアー 1 >>

テッポウユリ

0

    近所の幼稚園のテッポウユリ(鉄砲百合)…かな

    細葉だとタカサゴユリ(高砂百合)らしいけど…?

    ササユリ

     

     

     

    ササユリ

     

     

    ついでに2週間前に除草された団地の緑地…

    ブタナ

     

     

    もうブタナ(豚菜)が花をつけていました。早!

     

     

     

     

    posted by: 笑み | 絵日記 | 06:47 | comments(6) | trackbacks(0) | - |

    スポンサーサイト

    0
      posted by: スポンサードリンク | - | 06:47 | - | - | - |
      コメント
       
      2016/08/18 8:52 PM
      Posted by: さっちゃん
      我が家にもこのようなユリあります。
      今はつぼみ 名前知らなかったのですが 今タカサゴユリで検索してみたら赤っぽい線が入っていたので間違いないようです。
      2016/08/19 8:31 AM
      Posted by: 笑み
      今朝、また見てきました…プラスチックゴミの日だったのでその帰りに…。
      細葉なんですが花の赤い線はないのでタカサゴユリでもないようです。
      検索してたらシンテッポウユリ(新鉄砲百合)という交配種もあるらしくて…それということにします(^^)

      参照したのは「植物園にようこそ!」です。http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/BotanicalGarden-F.html
      2016/08/21 7:40 AM
      Posted by: おっちゃん
      今 あちらこちらで 咲いてますよね
      カサブランカ などの種類と違って あまり香りは強くないんですね

      この種って 増えるんですね
      種で増える? あちらこちらに
      増えてるし…
      2016/08/21 1:22 PM
      Posted by: 笑み
      早速検索。ウィキペディアで…
      種子を多くつけ、風で運ばれて分布を拡げる。水はけがよく明るい草原や荒地などに到達すると根付いて葉を伸ばすが、初年度は茎や花を出さずに数枚の葉を出すだけで球根を太らせ、球根が充分太ると翌年度以降に茎を伸ばして大型の花をいくつも咲かせる。

      ただし本種はいわゆる連作障害が出やすいと言われ、一時的に根付き拡がっても数年経つと姿を消す場合が多い。ときに群生して大きな花を咲かせるも、数年経つとまた他の地へ旅立つように去ってゆく。

      本種はタカサゴユリとの園芸交雑種が多く、変異も起きやすいとされ、違いが判別しにくい場合も多い。

      ですって。な〜るほど、そうだったのか… でも忘れそう…(^^ゞ

      2016/08/22 11:23 PM
      Posted by: おっちゃん
      調べてくれてありがとうございます
      球根は球根だけど種からだと
      年月かかりますね
      2016/08/23 9:03 AM
      Posted by: 笑み
      ここのテッポウユリも植えたのではないらしくフェンス際の竹の植え込みの中で咲いていました。花を咲かせるまで何年もかかったのでしょうね。
      数日後には大部分萎んでいました。見かけた日が最盛期だったようです。
      来年の夏も見逃さないようにしたいです…忘れていなければ(^^ゞ









      トラックバック
       
      http://emikoglay.jugem.jp/trackback/793